春秋航空日本の特徴

格安航空会社の飛行機を検討している人の中で、気になってくるのがそれぞれの航空会社の特徴でしょう。では、航空会社には会社ごとに様々な特徴があります。航空会社を選ぶ上で、参考にするための春秋航空日本の特徴の評判についてご紹介していきましょう。

■シンプルな自動チェックイン機
チェックインを行う自動チェックイン機では、予約をしたときに発行される用紙に記載されているバーコードを利用するだけという非常にシンプルで簡単なものだという評判となっています。バーコードをかざすことによってチェックイン機が座席の指定などを行ってくれます。誰でも一人でささっとできる簡単な設定になっているので迷うことなくチェックイン機を利用できるようになっています。大手航空会社ですと、色々な操作が必要になることもあるのでそういった手間が省かれているのはうれしい点という評判もありました。

■新しい機体で快適フライト
春秋航空の中国本土で使用されている機体は、春秋航空日本では利用されている737型機とは違うタイプとなります。2012年9月7日に創設されたばかりの春秋航空日本では、使用されている機材はすべて新造機となっています。機内の機内証明には最新式のLEDのボーイング・スカイ・インテリアが採用されています。綺麗でおしゃれな機体の中は格安航空と感じさせない快適さとなっているんです。値段が安いからといって、居心地の悪さを感じるような空間にはなっていないので安心です。

■狭さも気になるほどではない
LCCと呼ばれる格安航空会社の機体では、料金が安い分通常の航空会社の機体に比べると座席数が多いというのが一般的です。ということは通常の航空会社の飛行機の座席と比べると狭くなっていることになりますが春秋航空日本の座席は、狭さもほぼ気にならないほどで、横幅に至ってはゆったりとしているとの評判も得ています。なので、格安航空会社の航空機だからといって異常に狭いということはないようです。最前列や非常口座席はほかの席に比べると広々とした空間になっています。また、春秋航空日本では料金をさらに支払うことで広い席に座ることも可能です。

春秋航空日本の特徴の評判を見てみると、格安航空会社の概念をいい意味で裏切ってくれるものばかりです。チェックイン機シンプルで使いやすく、新しい航空会社ということで期待も新しい。さらに座席の狭さも気になるほどではないという評判でした。今までの格安航空会社のイメージを打ち破った結果になったといっても過言ではないでしょう。