衝撃の低価格サービスも提供

格安航空会社の魅力は、名前の通り料金の安さにあります。飛行機と言えば乗るのにかかる費用が割と高いイメージがあるはずです。ですが、中にはちょっとびっくりの安さで乗れちゃう低価格サービスも春秋航空日本で提供されていたことがあったんです。

■色んな格安航空会社がある!
最近ではLCCという単語も私たちの身の回りで定着してきたのではないでしょうか。LCCは飛行機の料金がリーズナブルに変える航空会社のことを指しています。LCCの登場によって今まで高い印象が非常に強かった飛行機にかかる費用も大きく変化しているのです。値段が安い反面、ほかの面に不安を感じている方も居るかもしれませんが、格安航空会社をうまく活用することによって時にはびっくりすること安い費用で飛行機を利用することができるという場合もあるのであなどることはできないんです。だからこそ、本当の格安航空会社について特徴を良くとらえてうまく活用していってほしいものです。

■春秋航空日本で行われていること
格安航空会社が行っている費用の安さは大手の航空会社と数千円違う程度だと安易に考えてはいませんか?実は春秋航空日本では驚きの安価なサービスが行われることがあるんです。例えば、過去には36時間限定として成田から新千歳までが片道500円という驚きの価格になっていたこともあります。これは新千歳線の新規就航を記念したものでありますが、時には通常の価格設定とは比べ物にならないほど価格設定が下がる時もあるので、定期的に価格のチェックをしておくことによってこの機会を逃さずに利用することができます。

■片道が1000円を下回ることも!
2016年の10月7日からは1000円以下でチケットが購入できる催しがはじまりました。新千歳はもちろんですが、関西や広島、佐賀などへも片道737円で行くことができるんです。また、際線のセールも開催され、重慶・武漢ともに片道3737円で行くことが可能になっています。こういったセールも春秋航空日本では行われているので、セールを利用することによって国内外問わず通常よりも大幅に安い価格で飛行機に乗ることができるので、この機会を逃さずにチェックし上手く利用していきたいものです。

驚きの費用設定をしていることもある春秋航空日本ですが、今回の情報を知って驚いた方も多くいらっしゃったことでしょう。より安く飛行機を利用することができれば、その分お得感もありますし、満足感を感じられる人も多いはずです。春秋航空日本の値段設定の安い時を狙って飛行機を活用してみましょう。