春秋航空日本利用時の注意点

格安航空会社は通常よりも飛行機に乗るのにかかる費用が大幅に安く、そこが魅力になっています。そんな格安航空会社の一つである春秋航空日本ですが、春秋航空日本を利用するにあたっての注意点もあるのでチェックしておきましょう。

■座席の数が通常よりも多い
格安航空会社では、基本的に1度により多くの人を乗せられるように通常の航空会社に比べて飛行機の座席が多くなっています。そのため、その分席のスペースが通常よりも少し狭くなっています。さほどあからさまに窮屈という感じはありませんが、できるだけゆったりと座りたいと思っている人であれば座席が多少狭いように感じてしまうかもしれません。格安航空全般に言えることなので春秋航空日本を利用するときにもその点に関してはあらかじめ理解しておきたい部分です。

■遅延や欠便が発生することも
格安航空会社で課題になっていることの一つが遅延や欠便の問題です。春秋航空日本でも遅延や欠便が全くないということはなく遅延や欠便が発生してしまうこともあります。もちろん、そういった問題が発生せずに滞りなくフライトが行われることももちろん多くありますが、時には遅延や欠便の可能性があるというのも理解しておきたい点です。さらに、通常であればLCC基準ですと折り返し時間が30分程度になっていますが、春秋航空日本では折り返し時間が45分になっているという点も乗る前にはきちんと把握しておきましょう。

■座席の場所によって変わる料金
格安航空は座席が少し狭めなことはご紹介しましたが、1列めの一番足元の広い座席であるコンフォートシートと、レッグシート・非常口列の席に関しては席はほかの場所に比べると空間にゆとりがあるつくりになっています。そのため、広めの席に関しては通常の広さの席に比べると料金が少し高く設定されています。できる限り安い運賃で飛行機に乗りたい場合には一番安い価格設定になっているスタンダードシートの席を確保する必要があるので、料金の違いに関しても確認をしておくと安心です。また、購入方法に関してもインターネットとコールセンターで買うのと空港カウンターで買うかによっても料金に若干の差があります。

安く飛行機にのれる春秋航空日本ですが、知っておくべき注意点もあるので事前にそれを把握しておかないと問題が起こってしまうということも考えられます。そういったことを防ぐためにも利用する際にはご紹介したことを把握しておきましょう。