春秋航空日本の評判とは?

遠出をするときなどに飛行機に乗って移動をする人も多いでしょう。日本国内にはいろんな航空会社があり、最近では格安航空会社なども登場してきていて色んな選択肢をすることができます。今回は格安航空会社の一つである春秋航空日本の評判がどうなっているのかをまずご紹介していきます。

img_7108_s

日本水準で安心できる

元々、春秋航空日本は中国の格安航空会社である春秋航空などが出資をして2012年の9月7日に設立された比較的新しい航空会社です。中国の航空会社の出資によって創設された会社ということで、春秋航空日本の評判に不安を感じてしまうなんて気持ちもあるかもしれません。ですが、ある程度日本水準になっているので、安心して搭乗することができると評判の航空会社になっています。厳しい目で見ても、格安航空会社としては良心的な航空会社だという評判があるので安心してご利用することができるかと思われます。

ほとんど遅延なしで乗ることができる場合も

格安航空会社で心配なのが遅延でしょう。場合によっては遅延が発生してしまい、予定が崩れてしまうなんていう心配を感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。ですが、遅延が30分以内に収まることもあるために必ずしも大幅な遅延が発生してしまうという訳ではないようです。格安航空会社で遅れがでてしまうことが心配な場合、こちらの春秋航空日本を利用しましょう。あまり遅れがでることなく目的地に到着させることができることもあるようなので、その点に関しても春秋航空日本は評価されています。飛行機のダイヤで考えられている部分はは30分内の遅れなので、乗った時に確認してみることで次に利用するか評価しやすいでしょう。

清潔な機内

春秋航空日本の航空券は安い搭乗料金が魅力です。
しかし従来の航空会社と比べると料金が安いことから機内の清潔感なども心配なところです。ですが安心してください。機内に関しても清潔さが保たれているという評判があります。乗って機内が汚くて居心地が悪く感じてしまうなどといった心配はないでしょう。清潔な機内で快適な空の旅を過ごしていくことができるでしょう。

こういった評判を見る限りでは、春秋航空日本の評判は上々なようです。格安ということで不安を感じる方も多く居るかもしれませんが。ある程度のクオリティさえあれば、安い料金で乗ることができる春秋航空日本はおすすめです。今度飛行機に乗る機会があるという人は今回の評判を参考に一度利用してみてはいかがでしょうか。

春秋航空で旅にでるなら

[PR]:春秋航空日本の航空券はskyticket

投稿日:

春秋航空日本の特徴

格安航空会社の飛行機を検討している人の中で、気になってくるのがそれぞれの航空会社の特徴でしょう。では、航空会社には会社ごとに様々な特徴があります。航空会社を選ぶ上で、参考にするための春秋航空日本の特徴の評判についてご紹介していきましょう。

■シンプルな自動チェックイン機
チェックインを行う自動チェックイン機では、予約をしたときに発行される用紙に記載されているバーコードを利用するだけという非常にシンプルで簡単なものだという評判となっています。バーコードをかざすことによってチェックイン機が座席の指定などを行ってくれます。誰でも一人でささっとできる簡単な設定になっているので迷うことなくチェックイン機を利用できるようになっています。大手航空会社ですと、色々な操作が必要になることもあるのでそういった手間が省かれているのはうれしい点という評判もありました。

■新しい機体で快適フライト
春秋航空の中国本土で使用されている機体は、春秋航空日本では利用されている737型機とは違うタイプとなります。2012年9月7日に創設されたばかりの春秋航空日本では、使用されている機材はすべて新造機となっています。機内の機内証明には最新式のLEDのボーイング・スカイ・インテリアが採用されています。綺麗でおしゃれな機体の中は格安航空と感じさせない快適さとなっているんです。値段が安いからといって、居心地の悪さを感じるような空間にはなっていないので安心です。

■狭さも気になるほどではない
LCCと呼ばれる格安航空会社の機体では、料金が安い分通常の航空会社の機体に比べると座席数が多いというのが一般的です。ということは通常の航空会社の飛行機の座席と比べると狭くなっていることになりますが春秋航空日本の座席は、狭さもほぼ気にならないほどで、横幅に至ってはゆったりとしているとの評判も得ています。なので、格安航空会社の航空機だからといって異常に狭いということはないようです。最前列や非常口座席はほかの席に比べると広々とした空間になっています。また、春秋航空日本では料金をさらに支払うことで広い席に座ることも可能です。

春秋航空日本の特徴の評判を見てみると、格安航空会社の概念をいい意味で裏切ってくれるものばかりです。チェックイン機シンプルで使いやすく、新しい航空会社ということで期待も新しい。さらに座席の狭さも気になるほどではないという評判でした。今までの格安航空会社のイメージを打ち破った結果になったといっても過言ではないでしょう。

投稿日:

衝撃の低価格サービスも提供

格安航空会社の魅力は、名前の通り料金の安さにあります。飛行機と言えば乗るのにかかる費用が割と高いイメージがあるはずです。ですが、中にはちょっとびっくりの安さで乗れちゃう低価格サービスも春秋航空日本で提供されていたことがあったんです。

■色んな格安航空会社がある!
最近ではLCCという単語も私たちの身の回りで定着してきたのではないでしょうか。LCCは飛行機の料金がリーズナブルに変える航空会社のことを指しています。LCCの登場によって今まで高い印象が非常に強かった飛行機にかかる費用も大きく変化しているのです。値段が安い反面、ほかの面に不安を感じている方も居るかもしれませんが、格安航空会社をうまく活用することによって時にはびっくりすること安い費用で飛行機を利用することができるという場合もあるのであなどることはできないんです。だからこそ、本当の格安航空会社について特徴を良くとらえてうまく活用していってほしいものです。

■春秋航空日本で行われていること
格安航空会社が行っている費用の安さは大手の航空会社と数千円違う程度だと安易に考えてはいませんか?実は春秋航空日本では驚きの安価なサービスが行われることがあるんです。例えば、過去には36時間限定として成田から新千歳までが片道500円という驚きの価格になっていたこともあります。これは新千歳線の新規就航を記念したものでありますが、時には通常の価格設定とは比べ物にならないほど価格設定が下がる時もあるので、定期的に価格のチェックをしておくことによってこの機会を逃さずに利用することができます。

■片道が1000円を下回ることも!
2016年の10月7日からは1000円以下でチケットが購入できる催しがはじまりました。新千歳はもちろんですが、関西や広島、佐賀などへも片道737円で行くことができるんです。また、際線のセールも開催され、重慶・武漢ともに片道3737円で行くことが可能になっています。こういったセールも春秋航空日本では行われているので、セールを利用することによって国内外問わず通常よりも大幅に安い価格で飛行機に乗ることができるので、この機会を逃さずにチェックし上手く利用していきたいものです。

驚きの費用設定をしていることもある春秋航空日本ですが、今回の情報を知って驚いた方も多くいらっしゃったことでしょう。より安く飛行機を利用することができれば、その分お得感もありますし、満足感を感じられる人も多いはずです。春秋航空日本の値段設定の安い時を狙って飛行機を活用してみましょう。

投稿日:

春秋航空日本利用時の注意点

格安航空会社は通常よりも飛行機に乗るのにかかる費用が大幅に安く、そこが魅力になっています。そんな格安航空会社の一つである春秋航空日本ですが、春秋航空日本を利用するにあたっての注意点もあるのでチェックしておきましょう。

■座席の数が通常よりも多い
格安航空会社では、基本的に1度により多くの人を乗せられるように通常の航空会社に比べて飛行機の座席が多くなっています。そのため、その分席のスペースが通常よりも少し狭くなっています。さほどあからさまに窮屈という感じはありませんが、できるだけゆったりと座りたいと思っている人であれば座席が多少狭いように感じてしまうかもしれません。格安航空全般に言えることなので春秋航空日本を利用するときにもその点に関してはあらかじめ理解しておきたい部分です。

■遅延や欠便が発生することも
格安航空会社で課題になっていることの一つが遅延や欠便の問題です。春秋航空日本でも遅延や欠便が全くないということはなく遅延や欠便が発生してしまうこともあります。もちろん、そういった問題が発生せずに滞りなくフライトが行われることももちろん多くありますが、時には遅延や欠便の可能性があるというのも理解しておきたい点です。さらに、通常であればLCC基準ですと折り返し時間が30分程度になっていますが、春秋航空日本では折り返し時間が45分になっているという点も乗る前にはきちんと把握しておきましょう。

■座席の場所によって変わる料金
格安航空は座席が少し狭めなことはご紹介しましたが、1列めの一番足元の広い座席であるコンフォートシートと、レッグシート・非常口列の席に関しては席はほかの場所に比べると空間にゆとりがあるつくりになっています。そのため、広めの席に関しては通常の広さの席に比べると料金が少し高く設定されています。できる限り安い運賃で飛行機に乗りたい場合には一番安い価格設定になっているスタンダードシートの席を確保する必要があるので、料金の違いに関しても確認をしておくと安心です。また、購入方法に関してもインターネットとコールセンターで買うのと空港カウンターで買うかによっても料金に若干の差があります。

安く飛行機にのれる春秋航空日本ですが、知っておくべき注意点もあるので事前にそれを把握しておかないと問題が起こってしまうということも考えられます。そういったことを防ぐためにも利用する際にはご紹介したことを把握しておきましょう。

投稿日:

春秋航空日本で海外旅行を満喫しよう!

これから海外旅行への計画を立てているという人も居るのではないでしょうか?そういった海外旅行に行く際にも春秋航空日本の利用は非常におすすめです。では海外旅行にも春秋航空日本がおすすめな理由を挙げていきましょう。

■国際線がある
春秋航空日本が取り扱っている路線は日本国内だけではありません。海外行きの国際線などの便もあり、中国を行き来する便が発着しているので、中国に海外旅行などに行く際には格安航空会社強みの安い運賃で中国に旅行に行くことが可能になっています。料金を通常よりも出来る限り安くしたいという人で、中国への海外旅行を希望している場合は一度春秋航空日本の便を利用して海外旅行を楽しんでみるのもおすすめです。新しい発見があるかもしれません。

■場合によっては1万円以下で海外へ
海外に行くとなると、交通費だけでも片道1万以上はかかるというイメージが強いはずです。ですが、格安航空会社の登場によって、海外線であっても通常よりも安い価格にて海外へ旅行へ行くこともできるようになってきました。春秋航空日本ではたまにセールなどが開催されており、その機会を狙えば往復でも1万円以下の料金で海外に行くことができる場合もあります。交通費の費用をできるだけ削減したい場合は非常に安い費用で海外に行ける機会は出来るだけ活用して旅費を浮かすことで満足度も高まるでしょう。

■交通費を浮かせて満喫
海外旅行となると、負担に感じてしまうのが交通費でしょう。国内線はともかく、国際線ともなると費用は一気に跳ね上がります。そのため、どうしても高くなりがちな飛行機にかかる費用を抑えることができれば旅行先でその分浮いたお金をほかのことに使うことができます。お土産に使ったり、その土地の食事を食べたりなど浮いたお金でできることはたくさんあります。だからこそ、格安航空会社でもいいから交通費を浮かせたいという人は春秋航空日本をうまく活用することによって大幅に交通費を浮かせてほかのことに浮いたお金を回していくことが可能になります。

交通費が安くなったからと言って、確実に旅行が見違えるほど変わるとは言い切れませんが、安く海外に行けるというのは非常に得だと感じる人も多いでしょう。飛行機の費用は決して安いものではないので、春秋航空日本を利用して今までよりも海外を身近なものに感じることもできるかもしれません。春秋航空日本の飛行機に乗って海外旅行を満喫しましょう。

投稿日: